面接ではやりたいことをアピールしよう

受身的な姿勢はよくない

 新卒採用であればやる気、情熱、ポテンシャルなどもかなり考慮してもらえます。しかし、中途採用の場合はそれらはあまり考慮されず、その人が入社したら何をしてくれるのかが重視されます。そのため、面接では入社後に自分がどんなことをやる予定なのかを語れるようにしておきましょう。企業からの指示を待ち、それを実行するだけの人材は好まれないことに気づくのが大事です。

実行力も示そう

 ただやりたいことだけをアピールしても、それがあまりにも夢物語のように聞こえてしまうと採用には結びつきません。過去、どんな仕事をしてきたかと合わせて説明し、やりたいことが過去の仕事の延長線上にあるとアピールすると説得力が増します。実行に必要な資格やスキルを身につけているとアピールするのもいいでしょう。熱意や情熱で押すというより、論理や実績で説得する姿勢が大事です。

転職先の利益を強調

 いくらやりたいことが明確で実行力があっても、そのやりたいことが転職先の利益につながらないのでは意味がありません。やりたいことが転職先の事業とどう関連しているのか、やりたいことを成し遂げたときそれが転職先にどんな利益をもたらすのかを強調するようにしましょう。