面接での自己紹介について

転職の面接で、最初によく聞かれるのが「自己紹介をしてください」という質問です。
ありきたりな質問でもあるため、あまり準備もせずに適当に答えて済ませてしまう方が多いのですが、この自己紹介という質問はなかなかのクセモノです。

自己紹介で相手に説明しなければいけないのはズバリ「あなたの人間像」です。
あなたがどういった人物でどういった方針で行動するのかということのおおもとになる部分です。

ここまで書くとピンときた方もおられるかもしれませんが、この自己紹介はこのあとに続く様々な質問の原型です。
あなたの長所や短所、仕事観やこだわり、これまでの経歴や普段の趣味嗜好に至るまで、この自己紹介とは何らかのリンクがなければなりません。
もし、自己紹介で適当なことを言ってしまい、その次に続く質問で自己紹介の内容と食い違う部分が出てしまうと、どれだけ個別の質問にうまく答えていたとしても、採用担当者には「本当のことを言っているのだろうか」と疑念を抱かれてしまうのです。

お役立ちサイト紹介
30歳からの【転職情報】徹底リサーチ
30歳はどのようにすることが賢い転職方法なのか

採用情報 : 企業情報 : 富士ゼロックス

よって、こういった食い違いを出さないためには、自己紹介をきちんと準備していくことが大切です。
そしてただ準備していくだけでなく、その作り方にも工夫が必要になります。

具体的には最初に自己紹介を考えるのではなく、想定問答集に対する回答を全て作成した後、そのまとめとして自己紹介を作成するのです。
実はこちらのほうが、より具体的なエピソードなどからあなたの人間像を導き出せるため、自己紹介は作りやすく、かつ矛盾のないものになるのです。