転職は新卒採用と同じ状況ではない

af9980028196l

 2015年春卒業の学生を対象とした就職活動が解禁されました。今年はアベノミクスの影響で求人数も久々に増えるのではないかと期待されています。しかし数は増えても会社側の厳選志向は相変わらずのようで、そのハードルは年々高くなっているように感じます。新卒社員は将来性を買うとされていたのが今では即戦力性を求められるようになり、それだけ余裕の無さを表しているとも言えます。そしてこれは転職活動においても同じことが言えます。求人倍率自体は徐々に改善されているように思われていますが、求めている人材のレベルはかなり高くなっています。

 社会人経験の無い新卒者に対してでさえ即戦力に近い人材を求めるくらいですから、中途採用者に対しては尚更のことです。特にこれからの時期は新卒者の採用活動と重なる時期でもあり、キビキビした動きの学生と比較される可能性もあります。そのためより一層マナーには注意をはらうべきですし、話す内容も学生と同レベルでは印象が良くありません。年齢や経験年数に応じた内容となっているか、第三者に判断してもらうのもいいと思います。新卒の求人動向が改善されたということは転職もし易くなる、なんて考えては絶対にいけません。