現状維持を打破するために転職をする

 転職はしたほうが自分自身にとってプラスになる、ということがわかっていたとしても、ではいつ転職をしたら良いのかわからないと悩んでいる人はとても多いと私は思います。

 転職はどのタイミングで転職をするかがとても重要になってきますので、思い悩んでしまうのも無理はありません。

 私が考える転職のタイミングとは、現状の会社に勤めていても自分自身に成長する余地がもうないと感じてしまったときです。今はなかなか職にありつけない時代ですから、もちろん成長する余地が自分自身になかったとしても「現状維持」で会社に残るのも1つの考え方です。安定した仕事を持ち、安定した給料を得られるのは素晴らしいことですので、無理に転職をする必要はないのかもしれません。ただ、現状維持の考え方ですと、一旦その時点で自分自身の成長が止まってしまうということは覚悟すべきです。そして、その現状維持の考え方が、仕事に対する限界を作ってしまう可能性があります。

 ですから、さらに一段高みを目指すために、私はいつも転職を考えています。現在いる自分の状況よりもう少し厳しい状況にある会社へ転職することで、自分自身をさらに高めていくことができます。

【人気サイト】
30歳からの転職方法
30歳で希望の転職を果たす方法知りたい方はこちら!

連合東京 ホームページ

 それは、新商品の開発であったり、チームリーダーを務めることであったり、営業する軒数を増やしてみたりなど、職種によってさまざまですが、自分自身を今よりさらに高めるという点においては同じです。ですから、今働いている会社に甘んじている、もう自分自身に成長の余地がないと感じたならば、思い切って転職を決断しても、決して後悔はしないはずだと私は考えています。